何故すぐに辞めてしまう?早期退職を防ぐには

採用というのは非常にコストと期間がかかるというのは採用担当者であれば誰でもご存知でしょう。

求人広告に掲示を依頼し、社内の選考担当者を決め、選考フローを整え、優秀な人材確保のため地方を飛び回る・・・。

このように採用コストをかけて慎重に慎重を重ねてやっと選び抜いた人材でも、1年も経たずにやめてしまうというのはよくある話です。

選考基準は十分に達しているはずの人材であるにも関わらず、なぜ早期退職をしてしまうのか?

今回は早期退職が発生してしまう3つの原因および解決策をご紹介します。

また中途採用者の早期退職が中心の内容となっております。

新卒採用者の早期離職の原因は下記の記事にまとめているのでぜひご参考下さい。

採用ミスマッチを防ぐには? その原因と対策をご紹介

 

早期退職が発生する3つの原因

 

1.入社前に抱いていた会社のイメージとギャップがある

 

まず最初の原因は「入社前に抱いていた会社のイメージとギャップがある」というものです。一例としては面接で「社員は全員アットホームな雰囲気で定時に帰るものが多い」と聞いていたにも関わらず、実際に入社してみると話しかけにくい雰囲気で残業続きだったというようなものが挙げられます。

このようなギャップに順応できない状況が続くと、早期離職へと繋がってしまいます。

 

2. 業務量が多すぎるもしくは少なすぎる

 

次の原因は「業務量が多すぎるもしくは少なすぎる」というものです。

特に即戦力として期待される中途採用者は、業務量が多すぎることが多いようです。

入社してしばらくは必死にこなしていたとしても、段々と心身が疲弊してしまい早期離職へとつながるケースがよく見られいます。

 

3. 社内に居場所がない

 

最後の原因は「社内に居場所がない」というものです。

中途採用者は大抵の場合、同時期に入社する者がいません。

そのため周りのケアが無い場合、社内であっという間に孤立してしまうのです。

また特に直属の上司との関係が重要とされいています。

中途採用者が最初に社内で話しかけやすい存在であるからです。

もし上司との関係が悪い場合、早期退職へと繋がりやすいことがわかっています。

これらが早期退職の主な3つの原因とされています。ではどのようにすればこれらの原因を解決できるのでしょうか。具体的な方法を解説いたします。

 

早期退職を防ぐ解決策

 

1.採用時に正確な情報を開示する

 

「入社前に抱いていた会社のイメージとギャップがある」に対する解決策となります。

応募をかける際に労働条件や給料体系などを詳細に開示することが重要です。

この際、マイナスと取られる可能性がある情報でも開示を行わなければなりません。

こういった点を隠して採用を行っても、早期退職につながるのであれば採用コストが増大してしますだけです。

またそういった面を把握した上で入社する人材は非常に定着率が高いです。

 

2.中途採用者が相談しやすい環境を作る

 

これは「業務量が多すぎるもしくは少なすぎる」「社内に居場所がない」に対する解決策となります。

いくら中途採用者が社会人経験を積んでいるとは言え、社内で孤立するというのは大変なストレスです。

そのため、上司以外に相談相手であるメンターをつける、入社して1ヶ月は業務終了後に質問時間を設けるといった対策を行うようにしましょう。

 

以上が中途採用者の早期退職を防ぐ原因と解決策となります。

即戦力として期待されている中途採用者は中々を相談することできず、精神的に追い込まれてしまうことがよくあります。

この事実を把握した上で、中途採用者が長く勤めやすいよう環境作りに取り組んでみてください。

 

*********************
グループ事務所ウェブサイトはコチラ
*********************
グループYoutubeページはコチラ
*********************
facebookはコチラ
代表のTwitterはコチラ
グループ事務所Instagramはコチラ
*********************
当グループ採用(求人募集)のページはコチラ
*********************
北近畿(福知山市、但馬)で採用にお困りなら
リライエグループまで
TEL  0120-803-512
FAX  079-670-0050
*********************
PAGE TOP