従業員研修を、自社で開催できますか?

中小企業にこそ、従業員研修を

一般的に中小企業と言いますが、都市部と田舎で同じ意味でしょうか。

 

例えば、福知山市や丹波、但馬地域で中小企業というくくりでは、従業員が1名とか10人未満の企業も多く、社長も含め作業の戦力という企業が多いと思います。

そんな中小企業で、従業員の能力を高める、意識を高めるにはどうすれば良いでしょうか。

 

働き方改革の影響か、最近では労働時間を減らそう、残業は悪だという流れがあるようにも感じます。

そして、2008年から始まり、最近になって顕著になってきた労働力不足。

 

売上が、量(労働時間)× 質(能力)だとするのであれば、量を増やす方法を選択するのはいかがなものでしょう。

やはり、質を上げるという選択をするのが賢いと思われます。

 

質はどのように向上させる?

数年間の経験をもってという方法もありでしょうが、最近では終身雇用制も崩壊し、長年働いてくれる人は珍しいとも感じる時代です。

 

今までとは違う方法も検討が必要かと。

 

例えば、従業員研修。

最近の若者は~という言葉も聞くことが多いですが、そもそもビジネスマナーを教えていますか。

 

昔は教えてもらわなくても、見て学んだとかは通じません。

では、昔はAIを今の若者並みに使いこなせましたか。

 

それぞれの時代に特徴があり、それを有効活用する方が成功に近づくのではないでしょうか。

 

中小企業では、入社即戦力と考え、オリエンテーションもなく実務につかせます。

それでいて経営理念を理解してほしいというのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

 

就業規則の説明をしたことはありますか?

社長の想い等を語ったことはありますか。

 

確かに、数時間を使用するので、その瞬間だけを見ると生産性は落ちるかもしれません。

ただ、そんな目先の事だけを見ていて経営は出来るでしょうか。

 

ただ、今までやったことないのに、いきなり研修をしても効果が発揮しにくいかも。

やはり、外部の力を利用することをお勧めいたします。

 

当社では、従業員研修をしたいけども、自社ではなかなか出来ないという悩みをもった企業様に対し、設営から講師までを代行します。

費用は、50,000円は必要となりますが、それによる生産性向上や、何より人材定着率が向上したとすると、費用対効果は驚くほどのものがあります

 

例えば、給料への考え方、給料は誰から貰うのかという当たり前だけど、意識していない面の掘り起し。

時代の変化に置いて行かれない企業、人材とはどんなものなのか。

自社の経営目的や、思いの統一。それによるチームワーク向上。

 

そんな研修を提供します。

 

興味ある会社様は、ぜひお問い合わせください。

何もしないと悪化していく時代を迎えております。

 

先を見た経営、一緒に考えてみませんか。

PAGE TOP