意味ある人物像を作り上げるために現場社員の声は欠かせない!

採用活動を行うにおいて、求める人物像を明確にすることは欠かせません。

人物像を元に採用基準や採用フローを策定する採用活動の根幹を担うものであるためです。

このことは多くの方がご存知だと思いますが、人物像を明確化するにおいて現場の社員の声を反映させることもまた非常に重要であることを認識している方はそれほど多くないのではないでしょうか。

今回は求める人物像を作り上げるために重要な現場社員の声を反映させるということと、そのポイントをご紹介します。

なぜ現場社員の声を反映させる必要があるのか?

求める人物像と一口に言っても、具体的にそれがどのような人物像であるかは企業によって異なります。

しかし、共通して言えるのは「企業に利益をもたらしてくれる人物」ということが挙げられるでしょう。

それを元に求める性格やスキルを決定していきます。

ここで見落としてはならないことの一つに「社風に合う人物」という条件があげられます。

いくら高いスキルを有していても社風に合わず、長く働いてもらえなければ採用コストが無駄になってしまうためです。

この社風に合う人物、つまりは現場に合う人物を具体化するために現場社員の声を反映させる必要があるのです。

この点に関しては人事担当や上層部で話し合っただけではどうしても、意味のあるものとなりにくいのが実情です。

以下では現場社員の声を人物像の策定に関して、効果的な方法をご紹介します。

人物像策定の際に現場の社員にも参加してもらう

現場の社員の声を反映させるために最も直接的な方法です。

上層部が求める採用目標や採用計画に則して人物像を決めるのではなく、現場の社員にしっかりと話を聞いた上で人物像を作り上げましょう。

望ましいのは採用の計画段階からしっかりと現場の社員に参加してもらうことです。

参考にする程度ではなく、実際に現場の社員に参加してもらうことで、伝達不足による誤った人物像の策定などを防ぐことができます。

現場の社員にも選考プロセスに参加してもらう

計画段階だけではなく、選考プロセスに参加してもらうことも効果的です。

第一次面接や第二次面接などで面接官を務めてもらうことが一般的。

決して人事担当者や役員などだけで人材を見極めることなく、実際に社風に合う人物かどうかを現場の社員に判断してもらう機会を設けるようにしましょう。

以上、採用における現場の社員の声の重要性のご紹介でした。

採用活動に関して見直しを検討中の場合には、ぜひご参考ください。

*********************

グループ事務所ウェブサイトはコチラ

https://tajima-sr.com/

*********************

グループYoutubeページはコチラ

https://www.youtube.com/channel/UCSwOrYP8qlN6yjKZs9EMMug?view_as=subscriber

*********************

facebookはコチラ

https://www.facebook.com/reliegroup/

代表のTwitterはコチラ

グループ事務所Instagramはコチラ

https://www.instagram.com/relie3000/?hl=ja

*********************

当グループ採用(求人募集)のページはコチラ

https://en-gage.net/relie/
https://reliesaiyou.jimdo.com/

*********************

北近畿(福知山市、但馬)で採用にお困りなら

リライエグループまで

TEL  0120-803-512

FAX  079-670-0050

*********************





PAGE TOP