長期インターン体験記!① はじめた理由と初日の感想

はじめまして、こんにちは。

株式会社リライエで長期インターンをしている大学4回生の藤村です。

これから就活を始める、もしくはすでに就活中のあなたは、

 

「インターン参加したほうがいいの?」

「インターンをすることで実際に何が分かるの?何をさせてもらえるの?」

 

と思っている方も多いのではないでしょうか?

私もこのような疑問を抱きながらインターンに参加させていただきました。

大学生がインターンとして働く目線で、上記の疑問や「働くとは何か」について試行錯誤する様を「インターン体験記」に記していくことになりました。

「インターン体験記」を通じて実際にインターンとしてお仕事をさせていただいて気づいたことや感じたこと、会社の日常などをお伝えしようと思います。

長期インターン地元就職株式会社リライエに関心があるあなたはぜひご覧ください!

 

今回は、

 

  • 自己紹介
  • 長期インターン参加の経緯・理由
  • 感じたこと(初出勤のイメージとギャップ)
  • 学び・今後の課題

 

について紹介していきます!

 

自己紹介

 

はじめに簡単に私の自己紹介をさせていただきます。

関西の私立大学に通っている大学4年生の藤村と申します。

地元福知山から毎日4時間以上かけて通うことに闘志を燃やしながら4年間を過ごしました。

大学では社会調査や英語音声学を専門として学んでいましたが、幅広い学びをすることができる学部だったため、

 

  • メディア広報
  • 建築士プログラム
  • 法律
  • 異文化
  • 国際連邦

 

など、様々な勉強をしてきました。

しかし、様々な勉強をすればするほど、私は将来どんな仕事をしたいのかわからなくなりました。

その中でも、

「地元で働きたい」

「人・地域のためになる仕事がしたい」

「専門性を極めて行けるような仕事がしたい」

という漠然とした3つの基準を持っていました。

大学3年生になり、漠然とみんなと同じように都会に出て就活に勤しんでいたのですが、この就活を通して、

当たり前のように新卒として一般企業に入り、全国を転々としながら総合職として、

様々な仕事を経験する「4大卒に用意された当たり前の働き方」に違和感を感じ、

「地元で働く人々の役に立つような専門的な仕事をしたい!」という強い思いを持って地元付近で就活をするようになりました。

その中で株式会社リライエと出会い、働かせていただくに至りました。

 

長期インターン参加の経緯・理由

経緯

 

私がなぜ株式会社リライエで働かせてもらうことになったのかについてお話します。

当時働いていたバイト先が、労働環境に不満を抱く社員さんたちの業務放棄によって経営が困難となり潰れてしまう光景を目にしました。

アルバイト先は地元の人たちにも人気があった店でしたが、この経験から、

「いくら人気があっても社員さんの働く環境をしっかりと整備・管理することができなければ、組織運営を継続することができない」

ということに気づきました。

地元や日本をよりよく活性化していくために存在する会社の経営がうまく行かないことは、どんどん地元地域や日本社会が廃れていくということを意味します。

この経験から、地元から働く人を支え、会社を支えることでよりよい地元・日本社会つくりに貢献できるような仕事をしたいと思うようになりました。

その仕事を専門的にすることができるのが、人事・労務のお仕事だと思い、

地元では珍しい、

企業で働く人と経営者の採用コンサルティング・社員育成から退職まで「働く」を包括的にサポートすることができる株式会社リライエ

で働かせていただきたいという思うようになりました。

仲間として暖かく迎え入れていただき、入社よりもひと足早く5月から1年間インターンとしてお世話になることになりました。

 

理由

 

私が長期インターンとして入社までに働きたいと思った理由は、主に次の3つです。

 

  • 来年から働く前に社会人としての振る舞い方を学ぶため
  • 入社前から少しでも仕事に触れることで入社後に早く役に立つ社員になるため
  • 雰囲気に慣れ、社員さん全員に覚えていただくため

 

入社後は専門的な仕事をさせていただく機会が増えると考えています。

専門的な仕事をするためには、基礎的な知識やそもそも社会人としての振る舞い方を知っていなければいけません。

しかし、これまで学生として生きてきて社会人として仕事をするということを知らない私が、

入社後に1から教えていただいているのでは、役立つ社員に成長するためにまでに長い時間を要することが考えられます。

そのため、入社後に少しでも早く会社やお客様に役立つ社会人に成長できるようにインターンに参加しています。

 

初出勤の際に感じたこと

初出勤前のイメージ

 

「どんな仕事をさせていただけるのか」

「社員さんに迷惑をかけてしまうことが起こらないようにしなければ」

「歓迎してもらえるのだろうか」

 

との思いから、初出勤の時はすごくドキドキしていました。

忙しく難しく緊張感を持ってしなければならない仕事であるだけに、働いていらっしゃる社員の方々に迷惑をかけることを何よりも恐れていました。

また、

 

「社員さんの雰囲気は緊張感が有るピリッとした感じなのかな」

「社員さんと関わる機会はあるのかな…」

 

とも考えていました。

 

出勤後のギャップ

 

初出勤から社員の皆さんと同じように朝礼に参加させていただたことや、

昼食時間は明るく笑いながら楽しく過ごされている温かい雰囲気に、当初抱いていたイメージにギャップを感じました。

昼食の時間はしっかりと休み、仕事の時間はしっかりと仕事をするというメリハリをつけて仕事をされている姿を見て、

私もしっかりとオンオフのメリハリをつけることができる社会人になりたいという目標を持つようになりました。

仕事に関しては、最初から難しい仕事を任せてもらうのではなく、社員さんのお仕事の手伝いから順を追って教えていただけるようで安心しました。

また、大学やアルバイトで学んだ知識経験を活かすことができる広報という仕事も任せていただき、日々勉強しながらやりがいのある仕事をさせていただいています。

 

仕事をする中での学び

 

私は完璧主義な正確なので、何事も無理をしてでも100%を目指してしまうという短所があります。

そのため、仕事の進捗具合が遅くなってしまうことも多々あります。

その様子と私の性格を見た所長から、

「仕事においては全て100点を目指すのではなく60点でも素早くすることが求められる」

ということを教えていただきました。

これまで学生としていかに100点を目指すかということを教わってきた私にはすごく新鮮なお言葉で、

これが社会人になるということ、仕事をする際に社会人が意識するべきことなんだと実感しました。

 

今後の課題

 

インターンとして働かせていただくようになってから日が浅いため、まだまだわからないことも社員さんに迷惑をかけてしまうことも多いです。

そのような私ですが、「余裕を持って自分の仕事を終わらせる」という目標を達成するために努力をしています。

2ヶ月後以内には毎日すべき仕事を余裕を持って終わらせるようになり、

社員さんのお手伝いや他の仕事をできるようになり、少しでも早く役に立つインターン生に成長するために日々頑張っていきます!

 

次回は、「インターン生の仕事内容と1日のスケジュールに」について紹介します。

 

*********************

グループ事務所ウェブサイトはコチラ

*********************

グループYoutubeページはコチラ

*********************

facebookはコチラ

*********************

代表のTwitterはコチラ

*********************

グループ事務所Instagramはコチラ

*********************

当グループ採用(求人募集)のページはコチラ

求人募集①

求人募集②

*********************

北近畿(福知山市、但馬)で採用にお困りなら

リライエグループまで

TEL  0120-803-512

FAX  079-670-0050

*********************

PAGE TOP